協和クリニックサロン

Tel 0479-30-4855

点滴療法・注射 ゆったりしたベッドでお受けになれます

最先端の点滴療法とは

なかなか治らない症状でお困りの方へ

  • 点滴療法がん
  • 点滴療法閉塞性動脈硬化症
  • 点滴療法慢性疲労
  • 点滴療法冷え症
  • 点滴療法肩こり
  • 点滴療法生理痛
  • 点滴療法パーキンソン病
  • 点滴療法アンチエイジング
  • 点滴療法乾燥肌
  • 点滴療法関節痛
  • 点滴療法疲れやすい
  • 点滴療法更年期障害 等

欧米では日本の保健が適応されない多様の点滴療法が代替総合医療・アンチエイジング・がん治療の場に広く使われています。たとえば、閉塞性動脈硬化症や冠動脈疾患等にキレーション療法・パーキンソン病にグルタチオン療法・ガンに高用量ビタミンC点滴療法・そしてマイヤーズカクテルが代表的です。

米国国立衛生研究所(NIH)や各大学で研究が進められていますが、すでに現場ではたとえばキレーション治療は米国だけで年間100万件以上実施され、高用量ビタミンC点滴療法は1万人以上の医師がガン治療に採用し効果を上げています。

当院では通常の治療法ではなかなか効果がみられないある種の疾患に対して、海外では広く使われ効果をあげている下記点滴療法を併用しています。

日本の点滴療法の現状

日本においては、保険診療の問題や点滴療法の情報不足のため、せっかく効果が認められながら、診療に取り入れているクリニックは少数に限られているという現状があります。

当院での点滴療法

協和医院では日本の点滴療法の健全な普及を目的に発足した点滴療法研究会に所属することで、日本人に適した副作用の少ない点滴療法を行っております。多くの効果を上げている治療法を、症状の改善がなくお困りの患者さまに提案したいと考えております。現在の治療をやめる必要はありません。

当院で行っている点滴療法

点滴療法に使用する薬剤は特別なものではなく、通常の治療に使われている薬剤のため安全です。薬剤の組み合わせや用量が独特で、個人の病状に合わせて用量や組み合わせを変えることで症状に対処していくものです。

点滴種類

マイヤーズカクテル(点滴)
米国の代替総合医療のクリニックでは定番の点滴療法です。ジョン・マイヤーズ医師が考案し、アラン・カビー医師により米国中に広まりました。インフルエンザ・感冒・慢性疲労症候群・偏頭痛・喘息・うつ病・アスリートの運動能力向上など多くの疾患に有効な点滴療法です。マイヤーズカクテルは、米国ではすでに広く使われている点滴療法です。人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンとミネラルを直接血管内に投与し、ビタミンやミネラルの薬理的効果を期待する治療法です。 5250円(税込)
効果が期待できる疾患
気管支喘息 アレルギー性鼻炎
偏頭痛発作 心不全
全身倦怠感・疲労 慢性疲労症候群
繊維筋痛症 慢性蕁麻疹
こむら返り うつ病
甲状腺機能亢進症 麻薬の禁断症状
慢性副鼻腔炎 生理不順
狭心症 急性上気道炎
耳鳴り 自律神経障害
インフルエンザ その他
グルタチオン療法(点滴)
グレタチオンは組織に広く分布するSH其を持った化合物です。薬剤としてのグルタチオンはSH其により体内の抱合反応を賦活(物質の機能・作用を活発化すること)した解毒を促進する作用や、抗アレルギー作用があります。グルタチオンの経口投与は腸で吸収されるまでに多くが壊れてしまうので、点滴療法と比べ著しく効果が低くなります。 パーキンソン病の治療として、症状の改善に大きな効果が期待できます。 パーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的とした療法です。15~30分位の点滴療法で、通常は数回の治療で効果を体感いたします。嚥下障害や歩行障害・手の振るえなどの症状の改善に効果がみられます。 通常は数回の治療で効果を体験できる(点滴直後に歩行・振戦・バランスが明らかに改善するケースもある) 5250円(税込)
効果が期待できる疾患
パーキンソン病に対する治療
(早期~進行したパーキンソン病)★★★
抗がん剤の副作用による抹消神経障害★★
閉塞性動脈硬化症★★ デトックス
高濃度ビタミンC療法(点滴)
ビタミンCには抗ウイルス効果・抗アレルギー効果・抗ガン作用が認められています。 しかしこれらの効果は、サプリメントとして飲むビタミンCをたとえ何倍摂取しても効果がありません。経口摂取したビタミンCは吸収が遅く排泄が早いため血中濃度が上がらないからです。 このような効果を得るためにはビタミンCの血中濃度を通常の何十倍、何百倍も上げなければばらず、そのためには血中に直接ビタミンCを投与しなければなりません。 血中の濃度をこれらの効果がでるまで上げることにより、ガン細胞にのみ作用し、正常細胞にはダメージを与えないという優れた治療法と期待されています。米国ではすでに多数の病院や医師が多くのガン患者にこの方法を取り入れ多くの効果を上げています。

高濃度ビタミンCによるガン治療
高濃度ビタミンC療法は代替医療です。今注目されているガン治療法ですが、これまで有効とされている化学療法や放射線療法、すでに有効な抗ガン剤に取って代わる治療法ではありません。次に述べるような方への治療法として、また、生活の質の改善に効果が期待できます。
初回相談料 5250円(30分程度)
初診料 2100円(税込)
再診料 1050円(税込)
G6PD欠損症検査料 10000円(税込)
ビタミンC濃度測定量 5000円(税込)
高濃度ビタミンC点滴(12.5g/25g~100g) 8000~21000円(税込)
効果が期待できること
現在有効な治療法がない方への治療法として 抗がん剤・放射線療法が無効である方への治療として
現在治療中の抗がん剤に併用することにより、治療効果をあげることを期待して 治療法がないガンの患者さんのQOLを上げることに効果があります

大腸がん・胃がん・乳がん・肺がん・膀胱がんなどで延命効果が認められていますが、どのようなガンにも試してみる価値はあります。これらの最先端の治療法で、ガン末期で治療法がないといわれている方にも投与することで、少しでも生活の質を上げることが可能です。あきらめずに、医師に相談し、治療をよく理解したうえでガン治療のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

高濃度ビタミン(ニンニク)(注射・点滴)
実際にニンニクが入っているわけではなく、神経や筋肉に作用し、疲労回復や倦怠感を改善する作用のあるニンニクの主成分「アリシン」に似た物質(フルスルチアミン:アリアミンF)が高濃度に配合されているのでこのように呼ばれます。効果は約1週間位と考えられています。 スタンダード
注射 2100円(税込)
点滴 3150円(税込)

スーパー
5250円(税込)

目的別ニンニク注射
目的別に内容を変更いたします
美容効果を高めたい方
飲酒、過労で肝臓の心配な方
関節痛や筋肉痛でお悩みの方
4200円(税込)
効果が期待できる症状
とにかく早く疲れをとりたい 過労や夏バテを感じるが仕事を休めない方
肩こり、腰痛、目の疲れがとれない方 ストレスが多い方
冷え性で体力に自信のない方 風邪をひきやすい方 等
プラセンタ(注射・点滴)
鎮痛剤などの薬の飲みすぎで困っている方へ!特に肌のトラブルもいっしょに抱えていらっしゃる方へ!プラセンタ治療をお試しください!
※更年期障害・肝機能障害・乳汁分泌不十分で治療が必要な方は保険診療が可能です。
美容・美肌作りで話題のプラセンタですが、美容の効果ばかりでなく日常的にとれずに困っている下記のような症状にもとても効果があります。
プラセンタ注射 (週に1-2回) 1回 2100円~(税込)
プラセンタカクテル療法 1回 5250円(税込)
効果が期待できる疾患
肩こり 冷え症
生理痛 乾燥肌
頭痛 関節痛
疲れやすい 更年期障害 等

院長よりメッセージ

院長斉間頼子

地元銚子市・神栖市、遠くは東京都や千葉市内からも当院の点滴にお越しいただいております。ゆったりしたベッドで気持ちよくお受けいただけるよう、心がけております。

↑ PAGE TOP