協和クリニックサロン

Tel 0479-30-4855

医師のご紹介

院長 斉間頼子

内科・婦人科

院長斉間頼子
地域の皆様のための“より身近な医療機関”を目指しています。

このページを開いて下さった方は、きっと今心や体に気になる事があって何か解決の方法はないかとの思いで見て下さっているのではありませんか?皆様が抱えている“つらい”“心配”という気持ちの原因に答えてくれるような情報は見つかりましたか?多くの情報は悩みを解決してくれる事もありますが、かえって混乱を招き心配事が増えてしまう事もあります。また、病院に通院しているにも係わらず自分の体の状態がどうなっているのか良く分からないという方もいるでしょう。女性外来では女性の体や心を問わず、皆様の“つらい”“心配”という訴えを大切に、個々の悩みに直接答え個人への情報を提供したいと考えています。

悩みを抱えたままどこに相談したらよいか迷っている方々、一度女性外来に足を運んでみて下さい。

院長略歴

昭和54年 帝京大学医学部卒 同大学産婦人科教室入局
昭和56年 大蔵省印刷局東京病院産婦人科勤務
平成元年 医療生活協同組合高田馬場診療所 内科婦人科勤務
平成2年  ヨリコ戸山クリニック開設(人工透析専門)
平成15年 協和医院開設

産婦人科から内科・透析医療へと勤務を移す中で、患者様からよりも多い職場やその他の場所での女性からの相談。ほんの少しのアドバイスで解決するような些細な事でも、本人にとってはどこにも相談できない深刻な悩みとなっている事がよくあります。もっと女性の悩みを気軽に相談できる場を作りたいと常に思うようになり、日常の診療内容とは別に更年期学会や女性心身医学会などに参加。女性の心や体の悩みを身近に相談できるクリニックとして協和医院を開設しました。一人でも多くの女性の悩み解決のお手伝いができればと思っています。

↑ページの上部へ

斉間恵樹

内科・循環器科他

斉間恵樹
患者さまの個性や自主性を尊重し、上手に病気と付き合っていくお手伝いをしていきたい。

特効薬的なお薬を飲めば、それで治ってしまう伝染病などが主な病気であった頃とは異なって、現在の日本においては、患者さま自らがその生活習慣を変えるなど積極的に治療に取り組まないかぎり改善が難しい慢性の病気が大勢を占めています。

こういった慢性的な病気の治療では、治すことより病気と長い期間上手に付き合っていくといった姿勢が大事になります。その病気との付き合い方は、患者さまの生活環境やそれまでの生き方により作られた個性によりそれぞれ異なるはずです。この部分を軽視し、医師がよいと考えた治療を画一的に押し付けるような診療を続けているとお互いに不満が積もっていくことになりかねません。そういうことから私は、患者様の個性や自主性を尊重し、個人がそれぞれ上手に病気と付き合っていくお手伝いをしていきたいということを診療の基本姿勢としたいと思います。

具体的には十分な情報提供や、医療の専門家である自分がその病気になった場合に、何をして欲しいか、逆にされたくないかを参考としてお話しするなどのお手伝いをしながら、道徳的基準にかない医学的に不適切なものでなければ患者様の自己決定を診療方針として最優先したいということです。

特に、最近ニーズが高まっている特殊外来として、生活習慣病指導外来(肥満外来、禁煙外来)、男性更年期外来などにも取り組んでいます。いずれも一部を除いては保険診療で取り扱っています。

医師略歴

臨床研修医時代から25年間東京の国立国際医療センター(現:国立国際医療研究センター病院)に在籍し、腎臓病(透析療法)、高血圧をはじめ糖尿病、高脂血症など生活習慣病全般、心臓病などの診療をしてきました。今後はこういった専門領域の診療に加え、内科全般の診療や相談に対応すること、さらには老年医療や心身医療、補完代替医療なども含めた家庭医としての診療も志していきたいと思っています。

現在所属する主な学会
日本内科学会(認定専門医)
日本高血圧学会(専門医)
日本腎臓学会(学術評議員、専門医、指導医)
日本透析学会(専門医、指導医)
日本老年医学会(代議員)
日本心身医学会

↑ページの上部へ

協和医院 協和医院ブログ

↑ PAGE TOP